LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

樹皮が白く、高原のイメージのシラカバ。その美しさから街路樹や庭木として植えられる事も多いようです。けれど、シラカバだって心地よい場所とそうでない場所があります。亜高山帯の下部(佐久周辺だと大体標高1000m辺りより高い)が、生きていくのに適しています。適していない場所に植えられたシラカバの姿は本来の美しさではないと私は思います。言葉を発しない樹木達ではありますが、その姿からその樹木がイキイキとその場所にいるのかどうか、どうぞ想像して下さい。

森の一葉ーシラカバーからのメッセージが届きました。「私が私らしくいられるところでお願いします」

信州軽井沢追分油や内「森が伝えてくれたこと/やく草箱」葉脈標本ネックレス シラカバからのお願いです。