LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

​冬を越すために(ブナの冬芽)

「どんぐり、ドングリ」と呼ばれる樹の殆どがブナ科の樹木です。そのブナ科のブナは冬の間、どのように暮らしているのでしょう。

枝の先端を見てみると・・・茶色い小さな芽。これは「冬芽」です。ここには、来年の春に芽吹く葉が入っています。

ここではブナ科を載せましたが樹種によっては花を咲かせることを先にする樹は花芽が包まれています。又、花芽と葉を一緒に包んでいるものもいます。

命の爆発を感じる春の始まりは、今年のうちに用意され、育まれ、守られ、これから寒い冬を越していきます。寒い冬を越すために、作られたコートを「芽鱗(がりん)」と呼びます。コートも樹種によって異なります。細かな毛で覆っているものもいます。芽鱗で包み、なおその周りを毛で包んでいるものもいます。小春日和の陽だまりの中で足を止め、枝先に手をのばしてみてください。止まってしまっている様に見える刻。じっとしていること、それによって大事な生命を守ってます。

冬を越すために。ブナの冬芽