LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

色々なところでお話しさせてもらう度に、先ず、私が森の勉強を始めたか?をお話しさせてもらっています。それは、20年前に発病した「慢性疲労症候群」という病とそれが治癒していく過程で出会った森と心と表現は結びついていると考えはじめ、治癒してから現在までの16年間とそしてこれからも考え続けていく事になるであろう…私に与えられたテーマだと感じている。

あらためてなんですが、私は、病の時に出会った森に関わる森林生態学と、芸術療法と、自分自身の製作。という三点セットで毎日が動いている。けれど、今の世の中はわりと、理系・文系・芸術系というように分野分されているようにいつも思っている。森林生態学の知識では調査やガイドを、芸術療法では小学校の支援員を表現では絵画や造形やの知識ではクラフトを生業としている。どの分野で出会う人たちも、私は、その分野だけを専門に学んできたと思われる事が多い。それはそうだろう。

あっと!朝7時の金がなってしまいました。小学校の支援員の仕事に行く仕度をする時間になってしまいました。

続きは又、\(^^)/

森の癒しを考え始めた時ー森林セラピーとは❓ー